librinvain.net

一瞬の風、68アルテ換装計画【その他のパーツ編】

Postted:2016/03/05 [Sat]

[IMAGE]PBKから届いたグループセット

そんなわけで貧脚のプロテインジャンキーが身分不相応にも68アルテのグループセット買っちゃったんだけど、 コンポ総換装となると何かと必要なパーツが出てくるわけでして、折角だからと色々新調してみました.

その中で最もお高くかつ最も影響の大きいその他パーツがこちら―そう、ホイールです.

ニューホイールはこちらShimano WH-RS21、11速対応の廉価モデルですが評判はそこそこ. 色は何でも良かったんだけど、セールで安くなってたのでブラックをチョイス.

[IMAGE]Gios airone meets Campagnolo Zonda

以前チームメイトに借りて乗り心地も良くちょうどwiggleで爆安となっていたcampagnolo Zondaも候補に挙がったのですが、 ふと周りを見るとZonda Scirocco Zondaと右も左もカンパだらけなのであまり被りたくないという 極めて個人的な理由によりこちらになりました. Shimanoの方がスモールパーツも入手しやすいしね.

日東 M106NAS 400mm ブラック
日東 M106NAS 400mm ブラック
  • ASIN: B00KIL0MGS
  • [その他]
  • 日東ハンドル
Amazon.co.jp で詳細を見る

ハンドルはNITTO M106 NAS、未使用品がサイクリーで安売りしてたので思わずIYH. クロモリのシルエットを大事にしたい僕にとって貴重なφ26.0のアルミハンドル.

幅は今までと同じ400mm、型も今までと同じコンパクト(アナトミックシャロー)、重量は280g→310gと30gの増.
ん?それ替える意味なくね、と思ったあなたはたぶん正しい. 正しいんだけど、世の中にはGiosロゴを減らすためと質感のために5,000円払う輩もいるっていう事を知って欲しい.

実は師匠が『ハンドルは日東一択』って言ってた影響も大いにある.

[IMAGE]Straitline Seat Clamp

100%カナダで自社生産される魅力的なパーツブランド・ストレートラインのシートクランプ、 こちらもサイクリーで見つけて単純に切削が綺麗だからという理由で購入. 値段も安かったのでそれほど期待してなかったのだけれど、 意外にもシートポストのシルバーとフレームのジオスブルーを繋ぐ中間色の役割を果たしてくれていて見目も良く、 とても気に入っている.

フィジーク(FIZIK) スーパーライト クラシック バーテープ
フィジーク(FIZIK) スーパーライト クラシック バーテープ
  • ASIN: B00B705WI2
  • [その他]
  • 価格: ¥ 2,041
  • フィジーク(FIZIK)
Amazon.co.jp で詳細を見る

バーテープも念願の黒無地に戻るよ、今回チョイスしたのはFizik スーパーライトクラシック.
薄手で滑り難くて安いというのが主な理由、乗り心地はぶっちゃけふつー. 真っ黒なのを期待してたんだけど、穴から若干白地が除くのが少し残念. まあバーテープは消耗品だし、折を見ていろいろ試してみようと思う.

さて次は組み付け…の前に、ちょっとギア比について考えてみました.

一瞬の風、68アルテ換装計画【購入編】

Postted:2016/03/01 [Tue]

[IMAGE]Gios airone 2014-2015

この触覚とオプティカル・ギア・ディスプレイをご覧頂けばお解りのように鷺沢さん、 基Gios aironeのコンポーネントはTiagra 4600.

RDが若干アレでしたがSTIはワイヤー外出の集大成だけあって変速はぱきぱきと心地良く、 重量も抑々フレームがクロモリの時点でお察し、 10段変速もアウタートップ側3つは貧脚のためほぼ不要と全く不満はありませんでした.

知人のロードをお借りしてデュラ(7900)や105(5800・5700)に触れる機会もありましたが、 いざ自分の愛車のハンドルを握った時に出てくる言葉は『46でいいや、46がいいや』でした.

あの日、6800に触れるまでは.

特訓成功? Cycle GATE Tamagawaでフィッティングを受けてきた話

Postted:2016/02/14 [Sun]

[IMAGE]Cycle GATE Tamagawaでフィッティングを受けてきた話

先日のヤビツライドで発症した膝痛.
当初はリハビリ後に無理し過ぎたが故と思っていたのですが、 そこでポジションが合ってないせいかもとサドルをいじったのが運の尽き. その後もあまり症状は改善せず遂には尾根幹でも違和感が出るようになってしまい、 さらにステムの高さを変えたりサドルを前後にずらしたりと 気が付けばフィッティングの泥沼にどっぷりと浸かってしまいました.

度々こちらでも書いていますが、僕がロードに接していく上でのテーマは『楽に、楽しく、遠くまで』.

パーツなら安全に関わる面さえきちんとしていれば後は迷っている間もそれはそれで楽しむ事もできますが、 走ってて楽しくない、痛くて乗れないというのは自転車生活の根幹を揺るがす非常事態.

というわけで早々に解決する事にしました、主にお金の力で.

0.どこで受ける?フィッティングサービス

さて、きちんとしたフィッティングを受けようと決めたのですが次の問題はどこで受けるかです.

同種のサービスですとY's Roadの「バイオレーサープレミアム」やSpecializedの「BG-FIT」等が有名ですが、 前者は簡易版の「バイオレーサー1000」のセッティングで痛みが出ている為セカンドオピニオンを求めたいのでパス. 後者はネットでの評判も良く受けてみたかったのですが、場所がコンセプトストア限定というのが最大の難点.

出来ればちょっと違和感が出た際、シューズを新調した際など仕事帰りにふらっと寄れる距離が望ましい. という事で自分の活動圏内で探していたところ、 多摩川サイクリングロード沿いにある「Cycle GATE Tamagawa」さんがBIKEFITを行っており距離的にも良い感じ. 骨格からはじき出した理想値でなく、実際に乗りながら楽なポジションを出すっていう方針も自分に合いそう. というわけで早速電話で予約し診てもらう事にしました.

http://librinvain.net/ Webmaster zerotomo
Valid XHTML 1.0! Valid CSS! powered by blosxom